検索結果 searchkey:setsumei0000000007 - 西久保八幡神社

 

形代(かたしろ)は人形(ひとがた)ともいわれ、特に大祓の時に用いられるものです。本人に代わって形代に罪穢れや災厄を移して海や川へ流すことによって清められるというものです。

江戸期には15里ほどある下記8社の行程をを一日でお参りして回ったそうです。 富岡八幡宮 市谷亀岡八幡宮 穴八幡宮 大宮八幡宮 鳩森八幡神社 金王八幡宮 御田八幡神社 西久保八幡神社

初宮詣とは、生まれた地域の産土神(うぶすなのかみ)に赤ちゃんが無事に誕生したことを感謝し、氏子入りの報告をするためにお参りをすることをいいます。単にお宮参りということもあります。(産土神とは生まれた地域の土地をお守りする […]

元来は宮中や公家の間で行われていた「髪置き(男女とも3歳」「袴着(男子5歳)」「帯解き(女子7歳)」の儀式が江戸時代に一般にも広まり、明治になって今の七五三詣として定着しました。 日本では奇数を陽数と考えており、縁起のい […]

茅の輪とは茅草(かやくさ)で作られたもので、正月から六月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓う夏越しの大祓(おおはらえ)に使われ、それをくぐることにより、罪穢が祓われると同時に疫病からも守られるといわれています。 「水無 […]