初宮詣とは、生まれた地域の産土神(うぶすなのかみ)に赤ちゃんが無事に誕生したことを感謝し、氏子入りの報告をするためにお参りをすることをいいます。単にお宮参りということもあります。(産土神とは生まれた地域の土地をお守りする神さまのことです)
一般的には男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目にお参りするものですが、生後30日前後の万事都合の良い時を選んでお参りされればいいでしょう。