先代の大神輿は昭和20年3月、東京大空襲により焼失致しましたが、平成27年7月、氏子の総意協力により70年の時を経て復興いたしました。

DSC_3201_20150720_131827

DSC_3490_20150720_160616 DSC_3481_20150720_160340 DSC_3429_20150720_155655 DSC_3410_20150720_155527 DSC_3395_20150720_155446 DSC_3116_20150720_1243311 DSC_3126_20150720_124606

《神輿説明》
六世宮惣(種谷吉雄氏)作
神輿は屋根延型、総漆、金箔押し、極彩色の彫刻、その他錺金具で飾られる。
四面唐戸、その上の欄間には住所にちなみ虎の彫刻を配し、その両脇には狛犬を配す。
唐戸下には波に鳩の彫刻。唐戸横には龍の彫刻。
屋根四面は左三つ巴紋、露盤(大鳥下)の紋は徳川葵。

当社の渡御の歴史は古く、東都歳時記に記述があります。