平成23年3月27日

ドイツ大使館壁面の風景展

今年はオイレンブルク伯(Friedrich Albrecht Graf zu Eulenburg)が日普修好通商条約を締結してから150年の節目の年です。
港区南麻布の有栖川宮記念公園そばのドイツ大使館では、公園沿いの壁面を利用して「ドイツ人の目を通して見た150年前の日本の風景展」が開催されています。
壁面に描かれた風景画は「オイレンブルク遠征図録」のもので、150年前の当社の様子も描かれています。

「日独交流150周年」公式サイト


関連記事