江戸末期の西久保八幡神社

オイレンブルク伯(Friedrich Albrecht Graf zu Eulenburg)は、1860年から1861年にかけて二度、プロイセン政府の全権公使として日本を訪れました。その際、遠征隊の絵師として同行したベルク(Albert Berg)が描いたものです。