「厄」には、木のふしめの意味があり古来より人生の節目を『厄年』として忌み慎むならわしがありました。厄年とは、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことです。厄年を迎えると、神さまの御加護をいただいて災厄が身に振りかからない […]