大祓(おおはらえ)とは、6月と12月の晦日(みそか)に行われる祓えの行事です。半年間に犯したであろう罪や過ち、また心身の穢れを除き去るために行われるもので、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といいます。